FC2ブログ

吉田幸生WEB

関西を中心に主にシャンソンピアニストとして活動してきた音楽家吉田 幸生のいろいろ

サウンドトアスペシャルライブ2022年1〜3月

サウンドトアスペシャルライブ 吉田幸生プロデュース編
2022年1月〜3月 いずれも土曜日午後1時半開場、2時開演

1月29日 山田 直毅

姫路から颯爽とデビューしたイケメン系シャンソン歌手山田直毅も今や中堅どころ。
さまざまな技を繰り出して楽しませてくれる彼ですが、久々にたっぷりじっくりと、
歌を聞かせて頂きたく企画しました。

【山田 直毅/やまだ なおき】
姫路市出身。6歳よりピアノを習う。2000年のシャンソンコンクール全国大会で優勝。以後、シャンソン&ポップス歌手として京阪神を中心に全国的にコンサート活動を行う傍ら、姫路・加古川・神戸・京都・倉敷・福山でシャンソン教室を開講している。また『SHI・RA・SA・GI』『お城SUNバ!』、姫路国際交流フェスティバルのテーマソング、福崎町立田原小学校創立100周年記念歌『田原っ子の歌』等、地域ソングの作曲など音楽での地域活性化にも力を注いでいる。2015年第51回姫路文化賞を受賞。
山田直毅ホームページはこちら

山田直毅


2月26日 Mee Nya (ミーニャ)

猫が大好きで内猫10匹外猫30匹。芸名も猫の鳴き声にしてしまった名古屋在住のMee Nya。
しかし歌は本格派。決して猫の歌ばかり歌うわけではありません。
選りすぐりのカヴァー、渾身のオリジナル交えてお聞きいただきます。

【Mee Nya/ミーニャ】
1992年、歌手デビュー。1995年日本アカデミーオーディション最優秀歌唱賞。以降シャンソンコンクール等を経てディナーショー、名古屋パリ祭、愛知万博などさまざまな現場、録音で活躍。2011年東日本大震災チャリティーコンサートに参加。名古屋~岐阜のシャンソニエなどで歌う。
 
 お歌紹介 

meenya.jpg


3月26日 北川 太郎・河合 多恵子

当方の都合により大幅延期させて頂いたこの組合せ、満を持しての登場です。
路上で鍛え上げたパフォーマンスをシャンソンに投入して直球勝負の北川太郎。
シャンソンから出発して新たな地平に旅立とうとする河合多恵子。
二人の歌世界をお楽しみください。

【北川 太郎/きたがわ たろう】

シャンソン歌手。大学時代は学生演劇に明け暮れ、社会に出てからは路上独り芝居を40歳まで続けた。 2000年シャンソン専門のレコード喫茶開業(現在廃業)。2017年出口美保に師事し、2019年「シャンソニエジルベールベコー」のレギュラーとしてステージデビュー。20歳の夢を果たす。2021年宝塚歌謡選手権シャンソン部門最優秀賞。

 YouTubeチャンネル

image1.jpeg



【河合 多恵子/かわい たえこ】

幼少から歌に親しみ、大学卒業後は関西の放送局でフリーアナウンサーとして活動。30代より12年間子供劇団で宮澤賢治作品の脚色・演出を担当、一方CATV放送局で番組制作を担当する。2006年、京都巴里野郎でシャンソンを中心に歌手活動を始める。2015年、2018年に武満徹氏の「うた」を中心とした自主制作のリサイタルを開催。ジャンルにとらわれずに、「ことば」に魂を込め、今歌うべき「うた」を模索しながらマイペースに活動中。

 YouTubeチャンネル

image0.jpeg

スポンサーサイト



PageTop

シャンソンクリニック2022

シャンソンクリニック2022

吉田幸生のシャンソンクリニックとは

 沢山の素敵なシャンソンがありますが、日本で楽譜として出版されていない曲が多いです。そこで、吉田幸生が厳選したシャンソンを、原曲の録音、手作りの楽譜とともに皆様にご紹介。皆で歌って、カラオケを録ってもらいます。その後はお得意の、あるいは試してみたい歌を歌って楽しみましょう、という会です。

神戸・三宮会場 サウンドトア 090-8520-0878
JR三宮駅中央口を北(山)側へ、信長書店とにしむら珈琲の間を入って3軒目のビル地下。

概ね第3木曜日(都合により変更あり) 午後2時から

1月20日 ジュテヴ(エリックサティ)
2月17日 それはあなた(アズナブール)
3月17日 地下鉄の切符きり(ゲンズブール)

以降の予定は 5/18、6/16、7/21、9/15、10/20、11/17 です。

金沢会場 スタジオK 
JR金沢駅から日本海側へ車で15分(金沢市西都2丁目104 TEL:076-266-6677)

概ね第5木曜日 午後2時から

3月31日、6月30日、9月29日

トアクリニック2022

PageTop

サウンドトアスペシャルライブ開始のお知らせ

神戸は三宮にあるピアノサロン「サウンドトア」。歌手の福原すみれさんが頑張って切り盛りしてらっしゃいます。吉田幸生のシャンソンクリニックは、実は彼女からの依頼で始めたのが、そもそもの始まりでした。
そんなサウンドトアさん。コロナ禍を経てシャンソンを聞かせる店がじわじわ減っていくことに危機感を感じ、うちももっとシャンソンを発信していかねば、と立ち上がりました。というわけで新たな依頼を受けて、吉田幸生がブッキングプロデュースするシャンソンライブが始まります。毎月1回、土曜日の午後。ご都合つきますライブにぜひぜひご参加を。ご予約お待ちしてます。場所情報はこちら

各日とも 開場13時30分 開演 14時 入場料4000円(1ドリンク付き)

9月25日(土) Sarah 木佐貫裕珠

Sarah
201217631_231653438509548_3210360191077005924_n.jpg

シャンソン・フレンチ・ポップスを中心にジャンルにこだわらず歌う。
シャンソン系ユニットSARAH-DA、Rock系バンドSARAHmander、着物を着てLIVEをする着な晴れ屋等に参加。お寺や京都の高級料亭旅館等でのイベントもプロデュースをする。昨年初CDリリース。

木佐貫裕珠
241562329_2981159528810060_4188899910094327244_n.jpg

クラシックからソウル、ジャズ、タンゴ…様々なジャンルを経て、TVラジオCMソング、クラブ出演、バックコーラスなどの仕事もこなす。大阪のタンゴ楽団「タンゴ倭」のボーカルを10年間勤める。 現在昭和歌謡ユニットでも活動中。ジャンルを問わず心に響く歌を母国語で伝えたい。

10月30日(土) 北川太郎 河合多恵子

北川太郎
image1.jpeg

シャンソン歌手。大学時代は学生演劇に明け暮れ、社会に出てからは路上独り芝居を40歳まで続けた。 2000年シャンソン専門のレコード喫茶開業(現在廃業)。2017年出口美保に師事し、2019年「シャンソニエジルベールベコー」のレギュラーとしてステージデビュー。20歳の夢を果たす。

河合多恵子
image0.jpeg

幼少から歌に親しみ、大学卒業後は関西の放送局でフリーアナウンサーとして活動。30代より12年間子供劇団で宮澤賢治作品の脚色・演出を担当、一方CATV放送局で番組制作を担当する。2006年、京都巴里野郎でシャンソンを中心に歌手活動を始める。2015年、2018年に武満徹氏の「うた」を中心とした自主制作のリサイタルを開催。ジャンルにとらわれずに、「ことば」に魂を込め、今歌うべき「うた」を模索しながらマイペースに活動中。

11月27日(土) 柳井沙羅ワンマン

yanaisara.jpg


やない さら 鳥取県出身、在住。
大阪芸術大学放送学科中退。在学中よりミュージカル劇団でシャンソンに出会う。その後シャンソンオーディションの合格を機に歌の道に入り、関西でライブ活動を重ねる。その後諸般の事情により拠点を鳥取に移し、イベント、パーティ、チャリティショー、音楽劇など自ら企画演出も行う多彩な活動を続けている。おもろいシャンソン歌手

吉田より
その昔、大阪梅田シャンソニエジルベールベコーのレギュラーとして、笠井美幸と共に新風を吹き込みまくっていた彼女の、久々の関西公演です。乞うご期待。

12月25日(土) 海江田 文 須山 公美子

海江田文●かいえだふみ 歌手、訳詞、作詞。同志社大学美学及芸術学卒。20世紀アートに耽溺する中、ドイツのキャバレーソングやフランスのシャンソンに自らの精神的ルーツを見出し、1994 年より歌手活動。 M.ディートリッヒをはじめ東欧から南米の音楽まで独特の感性でアプローチ。

須山公美子●すやまくみこ 関学在学中79年ロックバンドでライブハウスデビュー。オリジナルシンガーとシャンソン歌手の二足の草雑を履き続ける。作詞作曲·訳詞· イベント企画· シャンソン講師·ラジオパーソナリティーと、多彩且つこだわり全開に活動中。宝塚シャンソン化計画主宰。

dragon-E-hige.jpg


この写真は、大阪梅田のシャンソニエジルベールベコーに突如登場した、ほぼベコー限定のユニット「ドラゴンエミリータ」。ヒゲはつけるわシャボン玉は飛ばすわオモチャは配るわのぶっ飛びライブを毎回展開してきたが、吉田が病に倒れたのと、コロナ禍以来ずーっとベコー休業の煽りを食って中断しています。今回これを機に復活?するわけではないが、片鱗くらいはお見せできるかも。

PageTop

シャンソンのすべて 発売開始

昨年から関わっていたシャンソンの本
『シャンソンのすべて (1)』 @
ロシア音楽出版会 が無事出版の運びとなりました。

20210420173411_00001.jpg

税込¥4950

フランスのシャンソンの歴史(上) 高橋治男(中央大学名誉教授)
フランス革命までのシャンソンを楽譜や歌詞を交えて熱く論考する読み応えたっぷりの論文をはじめ、たくさんのシャンソン歌手や関係者から集めたメッセージをたっぷり詰め込んだ、資料的価値の高い一冊に仕上がっています。

極め付けは私の編集した「日本のシャンソン1000曲リスト」
10年前までネットで公開していたリストの改訂版です。実はあれを発表後、多忙にかまけて長い間修正や追加ができずにいるうちに、OSのバージョンアップやホームページ作成ソフトの消滅などでアップすらできなくなっておりました。今回の出版を機に、ようやく現状に合わせた内容にグレードアップすることができました。10年前と比べると、新たにわかったことなど満載(え?この曲も元々はシャンソンではなかったのかという驚きの連続でした)で、あの表をこしらえた当時とは隔世の感があります。いずれ機を見てネット公開も予定していますが、まずは印刷物として世に出た価値は高いと自負しております。

お買い求めはこちらからどうぞ。

PageTop

今年(2021)の神戸シャンソンクリニック

神戸三宮で開催するシャンソンクリニック@サウンドトア
今年の予定です。ややこしい世情ですから、確実なことは言えませんが、
一応以下の日程で(5月以降未確定)14時開始です。初めに課題曲を皆で練習して
あとの時間で2曲ずつご自由に歌っていただきます。
感染対策をしてお待ちしております。

昨年は「美しい曲」をテーマに選びましたが、
今年は「レトロな曲」で。
曲をクリックするとオリジナル(一部違うものもありますが)が聴けます。

1/9 恋人たちは何処
2/13 不実女の嘆き
3/13 今何処(モンマルトルの挽歌)

5月 私には出来ない
6月 辻馬車
7月 洒落男(アメリカ曲)

9月 ジュテヴ
10月 愛の小径
11月 フレデ

PageTop